LIST

本サイトの利用方法

  • 和  名
    アトボシアオゴミムシ
    学  名
    Chlaenius naeviger Morawitz
    体長14-14.5mm.キボシアオゴミムシと酷似するが,前胸背板に細毛がある.頭部と前胸背板は緑銅光沢が強い.キボシアオゴミムシに比べて,前胸背板の側縁は曲線的で後端が基方へ狭まり,上翅端の黄斑は輪郭が波打っている傾向が強い.

     

    生態的特徴- 体長:♀の方が♂より大きい(大青田の平均値)
    - 出現時期:春から夏
    - 卵:大卵少産
    - 後翅:長翅
    image56-1
    採集データ左6月16日2011, D12, ♂, 13.05mm. 右6月16日2011, D18, ♀, 15.23mm.
    ♂の前跗節は♀に比べ著しく団扇状に広がる
    56-2
    56-3
    採集データ8月16日2012, D2, ♀