LIST

本サイトの利用方法

  • 和  名
    クロナガオサムシ
    学  名
    Leptocarabus procerulus procerulus (Chaudoir)
    体長25-34mm.大型.黒色で背面は頭部をのぞき光沢を欠く.大青田の個体は,前胸背板の形態の変異が大きい(写真).

     

    生態的特徴- 体長:♀の方が♂より大きい(大青田の平均値)
    - 出現時期:秋
    - 卵:大卵少産
    - 食性:鱗翅目・双翅目等の昆虫の幼虫(*1)
    - 生息地環境選好性:大青田では樹林地に多く出現
    - 後翅:短翅(棒状に退化)
    - 飛翔筋:無
    image04-1
    採集データ左7月11日2011, C7, ♂, 30.59mm. 右2011.7月11日, C7, ♀, 32.37mm.
    ♂の前跗節は♀に比べ団扇状に広がる
    4-2
    採集データ左:7月11日2011, C7-13, ♀ 中央:7月11日2011, C7-12, ♀ 右:7月11日2011, C7-11, ♀
    前胸背板が縦長(左)・中間(中央)・横長(右)
    4-3
    採集データ10月23日2012W, C2, ♀
    4-G